室内犬のしつけトイレ

室内.犬のしつけ トイレ

室内犬のしつけでやはり一番気になるしつけはトイレではないでしょうか。
室内のあちこちにしっこやウンチでは困りますものね。

ですからトイレのしつけはしっかりしたいものですよね。

まず室内犬のトイレのしつけで大切な事は、トイレの場所を決め教えることです。

犬は習性的に寝る場所と排泄場所を分けて生活するので室内犬のトイレのしつけは比較的容易にできるのです。

犬がトイレをしたくなる時は、主に食後、目覚めた直後、動きまわった後が多いです。

犬の様子を見て、もし落ち着きなくソワソワしだしたらトイレの場所に誘導してあげましょう。

その時、優しく「オシッコ?」「ウンチ?」と声をかけてあげるとよいでしょう。

愛犬のオシッコのニオイが付いたもので誘導してあげると比較的簡単にトイレの場所まで連れていけます。

サークルでトイレトレーニングでする場合は排泄したのを確認してから出すのは言うまでもなく、
上手くできたら大げさなくらいほめてあげましょう。

決められた場所で上手くトイレができた。
          VVV
飼い主にほめられる。
          VVV
愛犬はうれしい
          VVV
だからまた決められた場所でトイレをする

このサイクルの繰り返しです。

この繰り返しで愛犬は、決められた場所(トイレシーツ)でしかトイレをしなくなります。

トイレのしつけは 早ければ一週間ぐらい、遅くても2〜3ヶ月でできるようになります。

またもし決められたトイレシーツの場所以外でしてしまったら、
その場所を消臭液などでニオイをきれいに取ることで同じ場所にはしなくなります。

犬は臭覚が鋭いのでニオイが残っているとまたその場所に排泄するからです。

室内犬のトイレのしつけのポイントは、上手くできたらほめてあげるということです。

上手くできなくても叱ってはいけません。

なぜならば、叱っても叱られてる意味が犬にはわからないからです。

★お薦めリンク集