室内犬のしつけのポイント

ぐいぐい引っ張る犬のしつけ

 散歩時に飼い主をぐいぐい引っ張っている犬を見かけることがありますが、これも元気な犬のようですが、完全に主従関係が逆転した状態です。

 

普通、飼い主が、ボスの地位をしっかり愛犬に認識させていればコントロールも簡単ですが、主従関係が逆転していると、愛犬が飼い主を従えていると思い「俺様についてこい」といった態度をとって散歩中も自分の行きたい方向にぐいぐい飼い主を引っ張っていきます。

 

この散歩中にぐいぐい引っ張ることをやめさせる簡単な方法があります。

 

もし愛犬が自分より前に出てぐいぐいリードを引っ張ったら、構わず反対方向に向きを変えてリードを引っ張るのです。この時決して愛犬に話しかけたり目を見たりしてはいけません。

 

完全無視状態で方向転換するのです。

 

また愛犬が違う方向に向かおうとすればすぐ「方向転換」「完全無視」を繰り返します。

 

これを、数回繰り返していると、犬は不快感を覚え自由に自分の行きたい方向に向かわなくなるのです。

 

このように、犬のしつけは、主従関係をはっきりさせることですね。

 

愛犬と主従関係が逆転し愛犬がダメ犬と思ったらこちらを参考にしてください。

★お薦めリンク集